アーカイブ

カテゴリー

活用法や使用環境など

グループウェアの授業支援システムは様々な活用法があります。
例えば、様々なデータベースを作成できる点です。
例えば、成績管理データベースなどが挙げられます。
これは生徒の成績を一度に管理できるもので、外部用の書式もあるため、印刷して公表することも可能です。
また、健康管理などもデータベースとして残せます。
生徒それぞれの健康は管理する必要のあるものですが、なかなか個人でそのような書類を作成するのは非常に難しいです。
そのため、グループウェア内にある書式に入力するだけで生徒の健康管理表が作れるため、無駄な手間を省くことができます。

グループウェアはコンピューターシステムのため、そのための使用環境が必要です。
対応機種はDOS/V機であったり、CPUはIntel Xeon 2.66Hz 以上を推奨していたりなどの条件があります。
そのため、導入を検討する場合は注意が必要です。